名古屋 ものづくり ワールド 2020

会期:2020年4月15日(水)~17日(金)   会場:ポートメッセなごや    主催:リード エグジビション ジャパン株式会社

名古屋ものづくりワールドは、製造業の「短期開発、生産性向上、品質向上、VA/VE、コストダウン」に寄与することを目的に開催しており、7つの展示会で構成されています。

7つの構成展示会

CAD、CAE、ERP、生産管理システムなど製造業向けITソリューションが一堂に出展する専門展です。

軸受、ベアリング、ねじ、ばねなどの機械要素や、金属、樹脂に関する加工技術を一堂に集めた専門技術展です。

工場向けの省エネ製品、物流機器、メンテナンス製品、安全用品、防災製品などが出展する専門展です。

航空機、宇宙機器の開発・製造技術や、部品、デバイス、材料・素材、計測機、ITソリューションなどが出展する専門展です。

3Dプリンタ、3Dプリント材料、3Dプリント受託サービスなど、3Dプリントに関するあらゆる製品、サービスが出展する専門展です。

IoTプラットフォーム、AIソリューション、セキュリティ、通信機器などが出展する、製造業向けのIoT・AIソリューションを集めた専門展です。

計測機器、検査機器、センサなどの計測製品が一堂に出展する専門展です。業界関係者からの強い要望を受け、いよいよ本展を初開催いたします。

本展の特長

 

商談のための展示会

本展は、出展社と来場者(製造業ユーザー)が真剣にビジネスを行う「商談のための展示会」です。
主に中部地域の製造業ユーザーが来場し、毎年、出展社と活発な商談が行われています。

 

中部最大*のものづくり専門展

製造業向けIT、3Dプリンタ、機械部品、加工技術、計測器、航空機部品などを取り扱う企業が数多く出展。
中部最大*の「ものづくり専門展」です。

 

中部地域の製造業ユーザーが来場

中部地域に拠点を持つ製造業ユーザーが多数来場。中部での販路拡大の場として、多くの出展社に活用いただいています。

*同種の展示会との出展社数・面積での比較。

PICK UP

前回(2019年4月)の会場風景、来場者数などをご確認いただけます

前回(2019年4月)の出展社一覧を五十音順でご覧いただけます

キーワードから前回(2019年4月)の出展社・出展製品を検索できます

前回(2019年4月)のセミナープログラムをご覧いただけます

今後の開催スケジュール

ものづくりワールドは年3回開催!

世界最大級!2,300社が出展※

中部最大!1,200社が出展※

西日本最大!1,350社が出展※

※掲載の出展社数は、同時開催展を含めた最終見込み数字であり、開催時には増減の可能性があります。
※出展社数は契約企業に加え、グループ企業・パートナー企業も含む。
※同種の展示会との出展社数および製品展示面積の比較。

主催者について

主催:リード エグジビション ジャパン株式会社

リードは、日本最大の見本市主催会社です。

東京ビッグサイト・幕張メッセ・インテックス大阪などの大規模見本市会場にて、宝飾、メガネ、エレクトロニクス、エネルギー、IT、医薬・バイオなど様々な業界に渡り、現在年間62分野231本の国際見本市を定期開催しています。

リードの理念

1. 商談目的のバイヤーを圧倒的に多く集めます
2. 海外からも有力バイヤーを数多く集めます
3. 来場者数の水増しをせず正直に発表します
4. 海外からも 多数の出展企業を集めます
5. 出展社が儲かる見本市を創ります
6. 見本市成功のノウハウを開発し続け、見本市の価値を常に高めます